みなさんこんにちは!ブレイブソフト PR担当の瑞貴です!

 

現在インスタ映えなどの言葉が流行っている中、これぞインスタ映えというところにブレイブの仲間たちといってきました!

その場所の名は「チームラボプラネッツ」

SNSで話題沸騰中なので知っている方もいらっしゃるかもしれないですね。

今回はそのインスタ映えスポット!「チームラボプラネッツ」を瑞貴がレポートします!

 

目次

・チームラボプラネッツとは

・The Infinite Crystal Universe

・Drawing on the Water Surface

・Expanading Three-dimensional Existence

・Floating in the Falling Universe of Flowers

・まとめ

 

・チームラボプラネッツとは

チームラボプラネッツは、チームラボが長年取り組んできた、「Body Immersive」というコンセプトの、身体ごと作品に没入し、自分の身体と作品との境界を曖昧にしていく、超巨大な身体的没入空間の作品群からできています。

「Body Immersive」とは、デジタルテクノロジーによって、作品とそれを媒介するキャンバスが分離され、キャンバスを変容的なものにすることができることによって、もしくは、連続した動的なふるまいによる視覚的錯覚によって、身体ごと作品に没入させることができるという考えです。
そのことによって、人々は身体と作品との境界が曖昧になり、自分と世界との関係を考え直
すきっかけになるのではないかと考えています。
そして、一つの世界が、自分や他者の存在で変化していくことで、自分と他者が同じ世界に溶け込んだ連続的なものとなり、自分と他者との関係が変わっていくのです。

ホームページ引用

 

今年7月から2020年秋までの期間限定開催!会場はお台場と豊洲の2会場。

会場によって作りが違うみたいです。

 

まず到着して目についたのは大っきいオブジェ!なんとも入り口からおしゃれすぎます!

みんなんでしっかりと記念撮影していざ入場!(瑞貴は撮影者にまわっております)

受付を済まし、まず等された場所はロッカールーム!

膝ぐらいまで濡れるということなので荷物を預けみんな膝までズボンをまくりあげ準備満タン!(僕はハーフパンツの無料レンタルを利用しました)

 

いかにもワクワクする廊下を通りたどり着いたのは。。。

 

 

 

一面に光が垂れ下がっている部屋「The Infinite Crystal Universe」

幻想的すぎて言葉を失いました!

部屋自体鏡ばりでどこまでも果てしなく光が続いているように見えます。最初から驚かされました!

みんなもはしゃいで写真撮りまくってます(笑)

 

また、アプリと連携しており自分の好きなように光を動かすことができ、まさにリアル×デジタル!

 

 

次の部屋は、「Drawing on the Water Surface」

暗い部屋の中で白い水の中に鯉が投影されており、こちらもとても神秘的でした。様々な色の鯉が泳いでおり、みんな頑張ってすくいあげようとしています(笑)

 

 

3つ目の部屋は、「Expanading Three-dimensional Existence」

部屋いっぱいにボールが敷き詰められ浮かんでいました!

人が一人入るるくらいの大きさで、まるであるアニメの必殺技みたでした(笑)

最後の部屋は、「Floating in the Falling Universe of Flowers」

屋根全体に映像が投影されており、ダイナミックに花びらが舞っていました!

イメージはプラネタリウムみたいですが、とにかく迫力がすごかったです。

スタッフさんによると寝転がって見るのがオススメの見方みたいです。

早速私たちも。。。(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まだまだ伝えきれない部分がいっぱいあったと思います。

写真だけでは伝えきれないほど迫力があり、幻想的で日常を忘れるような空間でした!

帰ってすぐ友達ともう一回行く約束をしました(笑)

 

周りのお客さんも小さい子供から年配の方まで。幅広い年齢層の方でいっぱいでした。

その中でも、カップルが多かったですかね(笑)

同じ敷地内におしゃれな料理屋さんもあり、そのままおしゃれなディナーも味わえるみたいです。

みんなもぜひ一度行ってみてください!

https://planets.teamlab.art/tokyo/jp

★部員募集中★

ブレイブソフトは現在エンジニアを募集中です。ご応募お待ちしてます!