久々の投稿な気がします。

最近 SwiftUI の勉強を本格的に始めたのですが、それに伴って SwiftPM というパッケージ管理ツールの存在を(今更ながら)知ったので紹介したいと思います。
(SwiftUI についても近々社内で勉強会したり、ブログ書いたりするつもりです)

iOSエンジニアであればパッケージ管理ツールとして CocoaPods や Carthage を使っている人が多いかと思いますが、余計なファイルが増えたり学習コストが高かったりで、使い勝手としては完璧とまではいかないものでした。

そこで Xcode 11 からApple純正のパッケージ管理ツールとして登場したのが SwiftPMです。
(厳密には、もう少し前から条件ありで使えたようです)

実際に使ってみたところ、驚くほど簡単に外部ライブラリが導入できました。

今回は SwiftUICharts というグラフを描画できるライブラリの導入を例に、手順を残しておきます。

まず File > Swift Packages > Add Package Dependency… の順に選択します。

導入したいライブラリの github の URL を入力します。

特定のブランチやコミットのバージョンを使う場合は選択します。

Finish をクリック。

無事、ライブラリが導入されました。

たったこれだけで終わりです。

あとは適当な  View でコードを書いて、

実行すれば、

SwiftUICharts を使ってグラフが描画できました。

非常に簡単ですよね。

今後 SwiftPM 対応のライブラリが増えることを願いつつ、CocoaPods から卒業していきたいと思います。

★会社紹介★

私達bravesoft(ブレイブソフト)は「最強のものづくり集団」を目指し、
新しいものへの果てしない挑戦を日々繰り広げております!
その中で一緒に働いてくれる仲間も積極採用中ですので、是非お問い合わせください!

<基本情報>
bravesoft オフィシャルホームページ
採用情報
受託開発紹介
UI/UXデザイン紹介

<自社事業>
eventos
Live!アンケート
Appvisor Push