世の中にいろいろな技術系のニュースが毎日配信されておりますが、ピックアップしてまとめていきます。

 

Android11 の最終ベータリリース

主なアップデートとしては、以下の記載があるようにデベロッパー向けの最終調整とのことですが、「濃厚接触の可能性を通知するAPI」が追加されているようです。iOSではすでに

「今回のベータ版は 公式のAPI 30 SDKやAndroid Studio向けのツールを利用しているデベロッパーが開発中のアプリの最終調整とブラッシュアップを行えるように意図したものだ」

引用:TechCrunch 

なお、Android11 での変更点およびAndroid11をターゲットとするアプリの変更点は以下となりますのでチェックしておきましょう。(特にプライバシー周りが強化されています)

動作の変更点: すべてのアプリ

動作の変更点: Android 11 をターゲットとするアプリ

 

野球やライブもデジタルに

バーチャルで野球観戦が楽しめる施策や、検索ワードでもかなり上位にはいったようですが、フォートナイトと米津玄師がコラボしてライブしたりと、リアルをバーチャルにしたりと、このコロナの状況もあり、リアルをデジタルにというのが徐々に増えてきていますね。とはいえ、リアルというのも重要で、弊社の戦略でもあるリアルとデジタルのハイブリットがまだまだ加速していきそうでsね。

横浜DeNAベイスターズとKDDIが「バーチャルハマスタ」無料トライアル実施、スマホ・PC・VRデバイス対応

米津玄師とフォートナイトのコラボから空想する未来の「ライブ」の姿

 

東芝がLaptopビジネスを正式に終了

ビジネスのノートPCならDynabookという時代もありましたが、正式に東芝がLaptopのビジネスを終了するとのこと。軽くて丈夫ということで、イケイケのときもありましたが、一つの時代の終わりを感じますね。

Toshiba formally leaves the laptop business

 

Apple が Attest API をDeviceCheckに追加

iOS14以降で、デバイスで特別な暗号鍵を生成し、サーバが機密データへのアクセスを許可する前に、Appの健全性を検証することができるようになるようです。

新しいApp Attest APIでAppの健全性を検証

なお、DeviceCheckについては以下の記事で紹介されておりますので、DeviceCheckに知りたい方は見てみてください。

iOS11で追加されたDeviceCheckについて

 

Android TVのアップデート

この記事によると、以下の改善がされているようです。弊社でも開発実績のあるAndroid TVですが、中々ユーザーとしては気づかないかもしれないですが、まだまだGoogleとしても力を入れていくのが感じられます。なお、アップデート内容からも、ゲームの需要がフォーカスされているようにも感じられます。

・タイピングを容易に

・ゲーム用に低遅延モード

・  Google Play Instant on TVの追加 (アプリをインストールしなくてもアプリの実行が可能に)

・エミュレーターでGoogle Play をサポート(実機を使わなくてもサブスクリプションのテストが可能に)

 

中国のグレートファイアウォールでTL1.3とかをブロック!?

中国の国としてのファイアウォールとして有名な、グレートファイアウォールで、TLS1.3 と ESNI がブロックされるようです。

China is now blocking all encrypted HTTPS traffic that uses TLS 1.3 and ESNI

詳細はあえてあまり触れないですが、通信のコンテンツの中身を見るのに苦戦ってことみたいですね。

 

Flutter 1.20 をリリース

Flutter 1.20 の stable release を発表したようです。

Google’s Flutter 1.20 framework is out: VS Code extension and mobile autofill support

変更点については、以下で日本語でまとめられているので見てみてください。パフォーマンス・UIなどでの変更も入っているようです。

Flutter 1.20 リリース情報

 

自動運転OS

知らなかたのですが、自動運転OSを開発している会社があるようです(ティアフォー)。すでに一部導入されている自動運転ですが、いずれ当たり前になることも考えられ、ソフトウェアの不具合とか怖いので、統一したOSがあり安定化されていくといいですね。

自動運転OS開発のティアフォーが国内初となる自動運転のセーフティレポートを公開

 

Apple Payで「PASMO」が利用可能に 2020年中の予定

完全に個人的なんですが、iPhoneを使っているPASMOユーザーとしては「早く対応して!」。物理的なカードは持ちたくない時代なので、早く対応してほしいです。

https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2008/06/news110.html

★会社紹介★

私達bravesoft(ブレイブソフト)は「最強のものづくり集団」を目指し、
新しいものへの果てしない挑戦を日々繰り広げております!
その中で一緒に働いてくれる仲間も積極採用中ですので、是非お問い合わせください!

<基本情報>
bravesoft オフィシャルホームページ
採用情報
受託開発紹介
UI/UXデザイン紹介

<自社事業>
eventos
Live!アンケート
Appvisor Push