サービスからメール送信をする際に、AWS の SES (Simple Email Service) を利用することはよくあると思うのですが、手動でメールを送信しようとするとコマンドで行う必要があるので、備忘録として残しておきます。

前提として、AWS の CLI が使える状態になっているものとします。
環境未作成の場合は 公式サイト などを見て使える状態にしておいてください。

まず、メールのテンプレートを作成します。

次に送信設定を作成します。

ToAddresses の部分に送信先を書いてください。

ちなみにテンプレートの特定の識別子を置換することもできますが、今回は割愛します。

あとはコマンドでこれらのファイルを SES 側に送信するだけです。

テンプレートの登録。
(us-west-2 の部分は適宜使用しているリージョンに変更してください)

AWS の管理コンソールで登録できているか確認。

ちなみにテンプレートは同名のものは登録できないので、既存のものを修正する場合は create-template ではなく update-template コマンドを使用します。

送信設定。

これでメールが送信されます。
私が試したときは、即座にメールが送信されていました。

★会社紹介★

私達bravesoft(ブレイブソフト)は「最強のものづくり集団」を目指し、
新しいものへの果てしない挑戦を日々繰り広げております!
その中で一緒に働いてくれる仲間も積極採用中ですので、是非お問い合わせください!

<基本情報>
bravesoft オフィシャルホームページ
採用情報
受託開発紹介
UI/UXデザイン紹介

<自社事業>
eventos
Live!アンケート
Appvisor Push