みなさま、こんにちは!
Live!アンケート担当の山崎です!

毎年恒例の年越しフェスに今年も参戦出来そうでなんとか来年も生きながらえそうです。
年明け朝5時の忘れらんねえよ程全身に音楽が染み渡るライブはありません!

さて今回のブログは、コロナ禍の世の中で役に立つイベント術をテーマにお送りいたします。

世間でコロナウイルスが猛威を奮っている中、今まで当たり前のように行われていた接触型のリアルイベントを変える必要があるのではないでしょうか。

それを解決する具体的施策が分からないと言った相談を弊社にも多く頂くのですが、その解決にLive!アンケートは1つの解になるのではないかと思っております。

今回はそんな課題を解決した事例を踏まえつつブログを寄稿しましたので、ぜひ御覧ください。

 

課題

多くの企業様やイベンターの方々にこのようなお悩みが有るのでは無いでしょうか。

背景
有観客ありきで行っていたイベントがコロナ禍で全く行えなくなった

課題
・参加者のリアクションありきのイベントだったので代替手段が必須
・一方通行ではイベントが成り立たない
・お客様の安全を確保することが企画運営上求められている

実際に弊社のクライアントであるテレビ制作会社様(ぐるナイ、しゃべくり007等制作)では今までお客様をスタジオに入れて収録していたものがこのコロナ禍で難しくなり数々の人気企画が行えない状況となってしまいました。

多くの視聴者様が楽しみにしている企画をなんとかして行えないものかと日々思案していたそうです。

 

解決策

Live!アンケートの投票やQA機能利用し、見事人気企画を放送!

ZOOMとLive!アンケートを組み合わせてまるでその場に観客がいるかの如く見事に人気企画をやり切りました。

番組制作側としてコロナに配慮していることをアピール出来ただけでなく

いつもと違うアプローチによって演者の視聴者からへのコメントに対するリアクションも新鮮なものとなり一味違った放送となりました!

こういった施策を行うことにより、前述の課題に対してアプローチを行うことが可能になりました。

 

結果

一つの成功事例を皮切りに様々な番組で利用されるように!

最初はお試しとして一つの番組でご利用して頂きましたが

しっかり放送が成り立つ事ができ、今では担当されている様々な番組に利用されているだけでなく、その実績を聞きつけた様々な制作会社やTV局様からお引き合いがありかなりの数のテレビ番組の実績が出来ました!

Live!アンケートはシンプルなシステムですが、その利用方法はお客様によって様々あり、さらにこのコロナ下においてしっかりとしたお役立ちが可能です!

TV収録の実績に関しましては下記で詳しく紹介しておりますので

興味がある方は下記ご覧くださいませ!

https://enquete.eventos.tokyo/scene/tv/

 

終わりに

如何でしたでしょうか。有観客ありきの企画もLive!アンケートのようなシステムを使うことでこのコロナ禍で一風変わった形でお届けすることが可能です!

また、この事例は1つのツールや試みが今までのイベント企画の形を大きく変えたり新たなスタンダードになると言った好例かとも思います。

そういった課題へのアプローチとしてのLive!アンケートは非常に有用な施策ではないでしょうか。

Live!アンケートは無料版もございますのでまずは利用してみて下さい!

 

□Live!アンケート無料版のご登録はこちら↓

https://enquete.eventos.tokyo/register/       

 

それでは次回のブログもよろしくお願いいたします!

★会社紹介★

私達bravesoft(ブレイブソフト)は「最強のものづくり集団」を目指し、
新しいものへの果てしない挑戦を日々繰り広げております!
その中で一緒に働いてくれる仲間も積極採用中ですので、是非お問い合わせください!

<基本情報>
bravesoft オフィシャルホームページ
採用情報
受託開発紹介
UI/UXデザイン紹介

<自社事業>
eventos
Live!アンケート
Appvisor Push