bravesoftは現在、一緒に働いてくれる仲間を大募集しているのですが、
求職者が何気に重視するのは「いかに早く職場にFITする事ができるか」と言う点です。

そういう意味で言うと、普段の業務でどのようなツールを使って業務をしているか、という点を事前に知る事で「あー、今の会社でもslack使ってるからそこはスムーズに行けそうだな…」と思ってもらえる事で非常に重要であるにも関わらず、これまでその手の紹介をうっかり失念しておりましたので…
本日はbravesoft社員が使用するツールをご紹介させて頂きます。

 

貸与PC:Mac Book

諸般の事情でコーポレートのスタッフはWindowsPCを使用しておりますが、PCはMacが支給されます(菅澤社長のご意向としては全員にMacにしたいようですが)
最大の理由としては「iPhoneアプリの申請がMacでしかできない」と言う理由ですが、中途社員の何割かはまずここで「Macとか使った事ないし…」とMacの壁を経験します(私もそうでした)

しかしどうでしょう?
気づけば直ぐに慣れて、今となればMacのほうが圧倒的に使いやすいという事実!
私も完全に飼い慣らされてしまいました。あとはMacの方がカッコいい!これはでかいです。

ちなみにエンジニアにはMacBookPro、ディレクターはMacBookcAirが基本支給され、調子が悪ければ新品にもアップデートしてもらえます。

 

チャットツール:Slack

社内チャットを使用している企業は昔と比べたら今は多いと思いますが、bravesoftでは2020年からslackを使用しております(2020年以前はchatworkを使用しておりました)

個人的には前職時代から使用していたのでChatwork派ではあったのですが、slackは他ツールとの連携に秀でており、実際に業務がかなり効率化されたと言うのもあります。以前にエンジニアの赤ちゃんが記してくれたブログでも勤怠管理について紹介させて頂いておりますね。

今では私もmacよろしく完全に使いこなしておりますが、欲を言えば「チャットごとのアイコン設定」「最新チャット順に表示」の2つを実現したいですね!
(やり方知らないだけでできるのかも知れませんのでお分かりの方は私まで教えて下さい)

 

勤怠・工数入力:ジョブカン

勤怠管理、工数管理はここ数年はずっとジョブカンを使用しております。
このジョブカンも前述のslackとの連携を行っておりますので、打刻がslackでできるのも◎ですね。

まずはジョブカンで打刻をして仕事をし、帰りに再度打刻をする…
毎日出勤時は1日に2回会う掛け替えのない友人と言っても過言ではないでしょう。

また、ジョブカン勤怠に加えて「ジョブカン採用」も採用においては使用させて頂いております。

 

業務全般:G Suite

そしてGoogleの提供するG-Suiteも使用しております。
Gmailやスプレッドシート、google driveは毎日使うツールですが、
リモートワーク全盛の今はgoogle meetがかなり愛用されております。
社内のイケてる若手エンジニアがサクッとslackでmeetを呼び出せるコマンドを作ってくれた(近日記事公開予定)ので、楽にmeetで僕らは集まっております。

もうこちらのサービスも無ければ全然業務できませんね…それくらい依存しきっております。

 

業務全般:office365

macをメインで使用するbravesoftですが、やはりOfficeに使い慣れた世代はこれらのツールが無いと業務が成立しないので並立してこれらも使用しております。この使用の背景にはあまり関係無いのですが執行役員の池田も元Microsoftですね。

尚、macにはmac版wordであるpages、mac版excelであるnumbers、mac版power pointであるkeynoteがありますが、私は文章はpages、表計算はexcel、資料作成はkeynoteを使用していますが、こういうチョイスをする人間は多いのでは無いかと勝手に思っております。

 

課題管理:backlog

課題管理は全てbacklogを使用しております。
bravesoftはかなりbacklog好きが多い会社なので、ありとあらゆるシーンでbacklogが使用されており、ちょくちょくゴリラが登場しております。

メイン用途としてはプロジェクト管理ですが、部門事の課題管理などにも使用しております。

その中でどこの会社にもいると思いますが、backlogマスターがかなり使いこなしてますね。bravesoftにも数人のマスターがいて「え、どうやったらそんな機能使えるんですか?笑」と言う会話がよく行き交っております。

 

スケジュール管理:rakumo

スケジュール管理はrakumoを使用しております。
(過去にインタビューもご掲載頂きました)

rakumoはgoogleカレンダーとも連携しているので非常に使い勝手が良いですね。
また、スケジュール管理以外にもワークフローでも使用させて頂いております。

 

社内共有:Confluence

社内での情報共有などはConfuluenceを使用しております。
全社連絡などはslackで周知しますが、slackですと流れてしまうので重要な事はConflueceに記載しておりますし、会議資料を共有したり、社員向けブログがあったり、更には部門からの「社内報」などが届いたり、色々な用途で使用されております。

 

営業管理:SalesForce

こちらはeventos部門のセールス部門、マーケティング部門、マネージャーのみの対象となりますが、SalesForceリード顧客〜売上管理などを全て行っております。
私も昨年は使用しておりまして、最初は苦労しましたが慣れたらそこからはサクサクでした。
よくもここまで便利なサービスを作ったものだと感服した記憶もあります。

 

開発管理:Wrike

こちらのWrikeでeventosの開発チームがeventosの開発管理を行っております。
私はこれまで紹介したツールの中で、このWrikeのみ使用した事が無かったりするんですけど「Wrikeの導入で作業が捗った」的な発言がよくエンジニア達から聞こえるので、さぞ有用なツールであると考えておりますが、中身を良く知らないので多くコメントはできず笑
まぁ「eventosはWrikeを使っている」とだけ覚えておいて頂ければ!

 

以上、何か忘れている感もありますが…
ざっと弊社bravesoftで使用しているツールを紹介させて頂きました。

ちなみに私がbravesoftに入社した5年前にはOfficeとG-Suite(と言ってもスプレッドシートくらい)しか使った事がありませんでしたが、もうこれらのツールなしでの仕事は考えられないので、このようなビジネスツールはここ数年で進化したんですね…

以上、全て使いやすいので直ぐに業務しているうちに慣れて使いこなす事ができるようにはなりますが、事前に知っておいた方が良いと思いましたので紹介させて頂きました!

興味がある方は是非下記バナーよりご連絡頂ければ幸いです!
今ならコーポレートからの直接応募で「入社お祝い金」も進呈しておりますので是非!

★会社紹介★

私達bravesoft(ブレイブソフト)は「最強のものづくり集団」を目指し、
新しいものへの果てしない挑戦を日々繰り広げております!
その中で一緒に働いてくれる仲間も積極採用中ですので、是非お問い合わせください!

<基本情報>
bravesoft オフィシャルホームページ
採用情報
受託開発紹介
UI/UXデザイン紹介

<自社事業>
eventos
Live!アンケート
Appvisor Push

投稿者プロフィール

BOSS

BOSS
2019年より本ブログの編集長となりました。
趣味は双子の娘と遊ぶ事です。