初めまして!

bravesoft株式会社より、2月下旬に1Day選考会にて内定を頂きまして、3月1日からbravesoftのエンジニアとしてインターンシップをさせていただいております。
2022年春 入社予定のRYOと申します!

プログラミング経験数ヶ月の実務経験なしでも、こんなに成長・挑戦できるんだぞ!っていうところを書いていこうかなと思います。

3月からインターンをして、早半年以上経ちます笑

時間の流れはあっという間ですね。。。

「bravesoftインターンでどんな経験ができるのか?」「プログラミング初心者でもついていけるの?」「どのぐらい成長できた?」という疑問などをこのブログ読んだ方が安心できるようなれば

という目的で書いていきますね!

 

<目次>

■ 内定から一週間で入社した話

■ インターン(3月~6月)

■ インターン(7月~現在)

個人的に思うbravesoftという会社に合う人

■ まとめ

 

 

■ 内定から一週間で入社した話

2021年2月20日に1Day選考会があり、無事に内定を勝ち取りました!!
内定をいただいた後、すぐに「インターンしたい」と伝え、まだプログラミングができない僕にとっては大学生のうちに身につけられるなら最高だと思い志願したのですが、インターンの許可も出て、22卒1番手として3月1日から入社して働くことに!

もともとは独学でiPhoneアプリ開発のSwiftを勉強していたのですが、自社開発のeventos(webアプリ)にアサイン予定と聞き、「スマホアプリじゃないのか。。やったことない~」と不安でしたが何事も挑戦だ!!と思い、初の実務経験がeventosスタートになりました。

 

■ インターン(3月~6月)

主な仕事内容

・eventosはどんなアプリか

・eventosバグ修正

・eventos2.1新規開発

eventosはどんなアプリか

最初は、eventosはどんなアプリか知る必要があったので、とにかくeventosを触りまくりました!
仮のイベントを作って、ライブ配信をしたり、簡単なサイトをノーコードで作成などしました。

eventosは様々な機能がありすぎて、覚えるだけでとても大変だったことを今でも覚えています笑


お世話になった先輩たち

 

eventosバグ修正

次にeventosの機能など、なんとなくわかってきたので実際に開発できるように 環境構築を行いました。

これが何気に大変だったのです。。。

環境構築に何度も苦戦し、エラーが続きました。

なんとか先輩社員に助けてもらいながら、環境構築が完了し、簡単なバグ修正を開始しました!

実を言うと、HTML・CSS・JSも初めてでeventosはVue.jsというものを主に使っていたので、バグ修正をしていきつつも先輩社員に聞きながら勉強していくことで自分の成長に少しずつ繋がっていきました。

 

eventos2.1新規開発

アップデートのeventos2.1の開発に携わらせていただきました!

僕はデータ集計機能を担当し、初の1画面新規で作ることに嬉しさと不安という両方の気持ちがありました。

今回はサーバーサイドとの連携も必要だったので、フロントの部分を作りながらも、サーバーサイドの先輩社員と相談や質問をしながら、開発が無事に完了し、リリースもできました。

現在では実際にデータ集計機能をお客様に使われていると思うと

嬉しさと頑張ってよかったな〜とすごく思います!!泣

 

■ インターン(事業部移動7月~現在)

7月より新規事業部に異動になり、自社開発を行うというよりは受託開発をメインにやることが増えました。

主な仕事内容

・Androidデモアプリ開発
・Appvisor Push
・Stars(新サービス)

 

Androidデモアプリ開発

初の受託開発案件です!こちらも部長から「簡単なAndroidの案件来たけど、どう?」と聞かれて、「Androidか〜またやったことないな」と思いましたが、即答でやります!!と答えて、開発することになりました。開発期間は1ヶ月という短い期間での開発でした。Androidのスペシャリスト先輩と2人だけで開発を行うという珍しい機会で、AndroidStudioのやり方などを教えてもらったり、自分で帰って勉強しながら、短い期間で開発し、納品することができました。

なんとこちらは、お客様から「クオリティ高い」と評価されていたので初めてお客様から嬉しい言葉をいただけて、即答で「やります!」と答えてよかったなと思いました!ちなみに技術はkotlin AndroidStudioです。

 

Appvisor Push

Appvisor Pushはbravesoftの昔からある自社のプッシュ通知サービスです!!
こちらはまだあんまり開発系のタスクはありません。。

しかし!iOSのプッシュ通知や技術調査をすることが多いです。iPhoneアプリ開発は独学で勉強していたのですが、通知機能を実装したり、深く技術について調べたりすることもあまりなかったので、今回の調査がきっかけにとてもプッシュ通知について詳しくなりました笑笑

開発しなくとも、調査することで知識的に勉強できたり、得た知識を使って実際に家に帰ってローカルプッシュ通知をやってみるなど行うとインプットとアウトプットができ、成長につながると思います!!!(^ ^)

 

Stars

Starsは 元々は 先輩社員が勉強がてらに作ったアプリレビューシステムで、近日正式に公開予定となっております。
これを僕が受け継いで、メインで開発など行っています。

このStarsに関しては、元々先輩が「勉強のおもちゃみたいな感じで作った〜」と言っていて、今では全社展開され、いずれはお客様の手にも渡るようになると思っています!!そんなレビューシステムはどんなことができるか簡単にいうとiOS・AndroidアプリレビューをSlackなどに通知することができます。他にも色んな機能があり、紹介したいですが、今後ブログに書くときのためにとっておきます笑

今一番楽しく開発をしていて、こんな僕でも簡単な上流工程の要件定義や見積もりなどに関わらせていただいてStarsをより良いアプリにするために日々開発しております!個人的に頑張ったのが、Slack以外にもTeamsやEmailに通知を送れるように実装したことです。今までには、なかった自分主体で動かないと何も始まらないというプロジェクトでMTGに上流工程・開発・テストと一連の流れを一気に経験できる素晴らしいプロジェクトに参加できて、心から嬉しいし、いいものにしていきたいなという気持ちでいっぱいです!!

ちなみに技術的には、firebaseのFirestore・Functions・TypeScript・Vue.js・JavaScriptなどを中心的に使っているのでFirebaseの勉強・JS/TypeScriptの勉強にとてもなります。

独学でiOSアプリをやっていたときにFirebaseはできた方がいいと、勉強してみましたが訳がわかりませんでした。

しかし、実務経験としてFirebaseをやると短時間で理解もできますし、とても成長に繋がりますね!

 

 

■ 個人的に思うbravesoftという会社に合う人

・熱意と挑戦があれば、チャンスをくれる会社なので一気にいろんな技術成長がしたいと思う人

・ものづくりしたい気持ち・ものづくりのためなら勉強できる・何かすごいアイディアのものを作って便利をみんなに届けたい!と思う人

こんな方であれば、僕みたいに未経験や経験が少ない方も先輩社員がとても優しく助けてくれるので安心して開発できると思います!

不安なことがあったら相談に乗ってくれる優しい人事・部長陣もいます!

何事も挑戦するのみだと思うので、失敗しても楽しんでいきましょう!

 

■まとめ

なんでも挑戦することで、たった数ヶ月で爆速成長できるインターンだと思いました!

初めの入社したばかりの時は不安なことが多かったですが、意外となんとかなりますね笑(先輩社員のおかげ)

どうしようもないことで不安なことばかり思っていても仕方がないので、改善できる努力をすることがとても大切です。

半年前には思っていないぐらい成長できたかなと思っていますが、まだまだ勉強不足で足りない部分ばかり。。

22卒としての入社まで残り半年あるので、技術力のアップをしていきつつ、今主体で動いているStarsを全社展開だけでなく国内展開さらに世界まで展開していけるサービスになるように目指し、頑張っていきます!!

Follow me!

bravesoft主催イベント「イベ博DAYS」開催決定!