こんにちは。ディレクターのやすです。

今回は知っている様で知らない(知っててもやらない?)、Appleへのバグレポートの仕方を紹介します。
特に、新しいOSで不具合に当たって、Webを見ても解決方法がないし、明らかにOSの不具合っぽい場合は、バグレポートをすることで改善されるかもしれません。
ただ泣き寝入りするのではなく、声をあげると改善に進むことがあるので、その場合はバグレポートも検討して見ましょう!英語が苦手な人も、かっこいい英語を使うことが重要ではなく、簡単でも伝わることが重要なので、トライしてみてください。

※バグレポートする際の注意点がここに記載があるので、読んでおくことをオススメしますが、ポイントは以下です。皆様が受け取ったことを想像して、再現手順が不明瞭だと困りますよね?ですので、以下にAppleの人が問題と認識できるか再現手順とかが重要になります。
・再現手順を明確かつAppleの人が再現できる手順を書く
・関連するログを添付する
・再現可能なテストケースを記載
・再現時のスクリーンショットや動画を添付

では、早速手順を紹介いたします。

1. Apple Bug Reporterにアクセスし、Apple IDでログインします。
2. 以下の画面が表示されるので、「New」 をクリックします。

スクリーンショット 2017-02-09 20.09.09

  1. Productの選択画面が表示されるので対象のProductを選択します(iOS開発者なら iOS+SDKかDeveloper Toolsですかね)

スクリーンショット 2017-02-09 20.16.05
4. バグのレポート画面が表示されるので、以下の項目をそれぞれ入力します。

Classification 問題の種類
Reproducibility 再現度(どれくらいの再現度か)
Area どのエリアの問題なのか
Attach a file ログや再現手順のスクリーンショット・動画を添付
Title 問題のタイトル(簡単な英語でも伝わりやすいのを心がけましょう)
Description 問題の詳細
Step to Reproduce 再現手順(ここか超重要。再現できるかできないかでApple側の対応も変わるはず)
Expected Result 想定する結果(本来こういう結果のはず!)
Actual Result 実際の結果(本来そうならないはず!)
Configuration 使用したデバイス
 Version&Build  iOSのバージョンとか
 Additional Note  何か補足があれば
  1. 入力ができたら、勇気を持って “Submit Problem” をクリック!
  2. Submitができたら左のOpenのフォルダに入りますので、結果を待ちましょう。
  3. Apple から回答が来たりして、もう終了してよければレポートはCloseをしましょう。

補足:以前バグレポートした時には、1ヶ月後くらいに回答がきました。すごく機械的ですが、新しいOSでも発生するか確認の連絡がきました(明示的に解決したよって感じじゃないですけど)

スクリーンショット 2017-02-09 20.13.27

★会社紹介★

私達bravesoft(ブレイブソフト)は「最強のものづくり集団」を目指し、
新しいものへの果てしない挑戦を日々繰り広げております!
その中で一緒に働いてくれる仲間も積極採用中ですので、是非お問い合わせください!

<基本情報>
bravesoft オフィシャルホームページ
採用情報
受託開発紹介
UI/UXデザイン紹介

<自社事業>
eventos
Live!アンケート
Appvisor Push