参加者紹介

【司会】
高瀬(広報戦略本部部長。30代、小学・大学時代はゲーマー)

【参加者】
ノブ(コンシューマ事業部長。40代。「COM」のプロデューサーゲーマー)
マミー(国内開発部門部長。40代。多ジャンルの知識が多い事で有名なゲーマー)
池田(受託開発部門執行役員。30代。過去にはゲーセンでアルバイトしていた役員ゲーマー)
N野(ディレクター。30代。2019年8月入社の新入社員のメガネゲーマー)
H崎(ディレクター。20代。ノブと共に「COM」の運用を行うメガネゲーマー)
キン(中国開発部門部長。20代。中国出身のチャイニーズゲーマー)
I田 (エンジニア。20代。2019年4月新卒入社のフレッシュゲーマー)

 

前回の続き
ブレイブソフト の自社事業「COM」を紹介するために社内でゲーム好きのエンジニアが集まりゲーマー座談会が開催されました!前編では「日本のハードの歴史」「日本のソフトの歴史(売上ランキングベスト30」と、初めて参加者が買ったゲーム(ファーストソフト)について熱く盛り上がりました。

====

ハマったゲーム

高「次はハマったゲームに関して語りましょう。まずはこちらですね」

高「ゼノブレイド
ノ「これは私です。凄いハマって、色々なハードで何回も見ましたね。全部ストーリー知ってるのに全部見ました。本当に最高です!」

高「これは自分ですね。この辺のウイニングイレブン5あたりが大学時代のタイトルですけど、大学時代これしかやってなかった(笑)この辺あたりから”マスターリーグ”という画期的かつ、いつまででもできる半永久的な制度ができたんですね」
マ「ありましたね」
高「これでドリームチームを作ることができるんですけど、上級者は元々いたデフォルトのメンバーに愛着を持ってしまってなかなか手放せなくなるんですよ(笑)”カストロ”とか”ミナンダ”とか”フォルネンダー”とか。”マッコ”と”バーチャット”はメッチャ伸びるんです(笑)」
H「奥深い(笑)」

高「すいません、マスターリーグだけで一晩中語れるんですけど、ここまでにします。次はこれですね」

 

I「これは僕です。このFORTNITEは日本ではそこまで話題になってないんですけど、アメリカとかでものすごい人気のゲームで。つい最近W杯が開催されたんですけど、優勝した金額が3億円で(笑)」
高「凄いね(笑)」
I「このFORTNITEはスポーツカテゴリに属しているんですが、2019年のスポーツ界の最高賞金金額がテニスのウインブルドンの大会の賞金だったんですけど、その金額を超えて注目されているゲームですね」
ノ「これメッチャ面白そう。COMにも追加しておきます」

高「流石に俺もちょっと興味ありますが…次行きましょう」

キ「これは私です。このDARK SOULはいわゆるアクションRPGなんですけど、難易度が高くて…。全然何も教えてくれないんですけど、それが面白い。ただ、メッチャ難しいです(笑)」

H「これは僕ですね。ゼルダの伝説 神々のトライフォース。もうこれが大好きで…オープンワールドの原種だと思ってるゲームで。どこから進めてもいいってゲームなんですよ。最初の世界から裏世界にも行けるし、広いし、やりこみ要素もあるし、ここからゼルダにハマっていきました」
マ「ゼルダの中ではこれが一番?」
H「そうですね」
マ「俺はムジュラ(ゼルダの伝説 ムジュラの仮面)でしたね」
H「ムジュラは怖くて…月が落ちてくる(?)怖さがトラウマになりました(笑)」

マ「バーチャファイター2です。僕はこのためにバイトをしてました(笑)」
高「もうちょっと詳しくお願いします(笑)」
マ「当時ゲームセンター出たての頃、各地に猛者がいたんですよ。新宿ジャッキーとか(笑)」
N「池袋ブンブン丸とか(笑)」
マ「そういう人たちがいた時代ゲーセンで強くなる為に、バイトして金稼いでましたね。自分のスキルを上げる為にはゲーセンでやるしかないんで(笑)」

高「格闘ゲームも流行りましたね。ストⅡ(ストリートファイターⅡ)が出だして」
マ「ストⅡも相当やりました」
高「俺の地元は田舎なんで皆、本屋とかスーパーとかにあるアーケードゲームに群がってました(笑)」
H「格ゲーで言ったら僕はサムライスピリッツとか」
ノ「あー、あった」
H「後はKOF(KING OF FIGHTERS)とか。個人的にはKOF96かな」
N「俺はKOF98ですかね」
高「そんな違うんだ」
H「違いますね。ルガールって奴がいて、そいつの必殺技でゲージが80%くらい無くなるとかありました(笑)」
高「俺はワールドヒーローズが好きだった」
N「ありましたね。あのダウンすると連打で復活するやつ」
高「デスマッチモードね」
ノ「俺はもうちょっと前ですね。イーアルカンフーとか」
マ「それはちょっとじゃなくて、だいぶ前(笑)」

池「私はRPGはドラクエⅤですかね…スラリンをレベル99までにしました(笑)」
高「2匹集めてモンスターじいさんに預けてすぐ引き出して戦ったらレベル上がる旅前かありましたね
池「そうそう。でも一番ハマったというとこっちかな」

N「サクセスモードですかね?」
池「130試合全部普通でやってましたね(笑)」

 

苦戦したゲーム

高「次は”苦戦したゲーム”というテーマで語ってもらいます。まずはこちらですね…」



高「これは伊藤さんですね。悪名高き“たけしの挑戦状”(笑)」
ノ「全然ヒントが無くて、何すればいいのか分かんないのに…いきなり死ぬんですよ(笑)あと”24時間待つ”とか…」
マ「ありましたね」
H「付けっ放しにして?(笑)」
ノ「そうですよ。それでクリアしたらクリアしたで最後”こんなゲームに熱くなってどうするの?”とか出て(笑)」
高「スマホでも出てるみたいですね」
N「みたいですね」
高「これはCOMでも掲載したらさぞ盛り上がるでしょうね(笑)」

高「僕はジーコサッカーを挙げます。これはだいぶ苦労しましたね。まず、操作ができなかったです(笑)同期のサッカーゲームの”エキサイトステージ”とかと比較しても果てしなく難しかったですね。難しすぎて1日で辞めました(笑)」


キ「ANTHEMですね。結構最近のゲームなんですけど、去年のE3(Electronic Entertainment Expo(エレクトロニック エンターテイメント エキスポ))でも取り上げられて注目されてるゲームだったんですが…」
ノ「ふーん」
キ「で、私このゲーム買ったんですけど、なんか”プラットフォームで高級会員になれば会員集める為にタダで配れる”みたいな動きがあって、自分は買ったのに…不公平だなと思って苦労しました」
H「自分もこれβ版体験して、買おうか迷っていたら確かにどんどん値段が下がっていった(笑)」
キ「バグの量もすごかった」
H「半端じゃなかったよね」
陶「ディレクターが1年待ってくれとか言ってたみたいなんですが、1年後にそのディレクター辞めちゃったみたいで(笑)とにかく苦労しました」

H「僕はこのGetting Over Itですね。まぁ名だたるYOUTUBERが全員やってるゲームなんですけど、このツボに入ったおじさんトンカチみたいなのを持ってるんですが…これで上に上がっていくゲームで」
ノ「見たことある!」
H「引っ掛けた勢いでどんどん上に上がっていくんです(笑)」
マ「(笑)」
H「ちょくちょくセーブが入るんですけど、落ちたタイミングで勝手にセーブされてやり直しもできないという(笑)」
ノ「これはバカゲーですね(笑)」

N「僕は仮面ライダー倶楽部ですね」
池「これ面白いですよ」

N「これは子供が1日でクリアできる内容じゃ無いですよ!ステージ1はクリアできるんですけど、それ以降は連打で無理でしたね」
池「確かに、爪は痛みましたね(笑)」

フリートーク

高「今現役でゲームやれてる人どれくらいいます?ちょっとブレイブソフトが開発する自社パッケージ”eventos“から誕生した機能”Live!アンケート“を使って統計情報を取ってみましょう」
N「CM入りましたね(笑)」

高「まぁ、やってないのは俺ですね。俺は何もやって無いです」
ノ「逆にいつまでやってたんですか?」
高「中学に入って音楽的なものに目覚めてやらなくなりましたね。で大学時代はウイイレやってましたけど」
ノ「ドラクエもやってたんですよね?」
高「ドラクエはやってましたね。ドラクエといえば最近公開されている映画(略)」

***

高「そして、みんなどんなハードで遊んでいるか、これまたLive!アンケートで確認してみましょう。今度は複数選択可能なので”Live!Q&A”のいいね機能を使って回答してみてください。」

高「スマホ・SwitchとPS4がブッチギリですね」
間「Switchは売れましたからね」
N「結構並びましたからね」
ノ「池袋とか凄かったですもんね」

***

高「I田くんは兄弟いるの?」
I「兄がいます」
高「やっぱお兄ちゃんがいる人は恵まれているよね」
N「確かにうちもそうだ」
ノ「俺も」
高「俺は男兄弟いないから、兄貴がいる同級生を羨ましく見てましたね。所有本数とかも差があったし」
ノ「兄がいればゲームの取り合いという苦悩があったりもするんですけど(笑)」
N「そして”兄がいればいいな”という感情はその5年後くらいにもまた来るんですよね(コンプラにつき省略)」

高「中国は日本のゲームできるの?」
キ「できます。昔のゲームは無かったですがプレステ以降のゲームはありますよ、高いですが(笑)」
ノ「中国だけで流通されてる独自のゲームってある?」
キ「ありますが…基本的に(コンプラ)ですね(笑)」
一同「笑」
キ「最近有名な話ですと…ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドの(コンプラ)の作品が、東京ゲームショウ2019に出展します(笑)」
ノ「あー」
H「あー、あれか!すごい話題になってるやつ(笑)全部が全部ブレスオブザワイルドの(コンプラ)」
キ「他にも良いゲームの良いところを(コンプラ)(笑)」
高「ちなみに東京ゲームショウ2019は、株式会社ブレイブソフトが4年連続で公式アプリを自社パッケージのeventosで作らせて頂いているイベントですね。コチラからダウンロードできますのでどうぞ!」

 

高「最後はCOMについてみなさんで語りましょう。それよりみなさんCOMはもちろんインストールしてるんですようね?」
キ「いや、私はAndroidなので…(2019/08/30現在 Androidはまだ未完成)」
N「Android版はいつできるんですか?」
ノ「twitterでもそういう声が届いておりますが、現在鋭意製作中です!暫しお待ちを!」

高「COMはズバリ、何ができるんでしょうか?」
ノ「COMはプラットフォームを超えて、ハードを超えて、同じタイトルでコミュニケーションを取れるアプリですね。そこで一緒にゲームできたり、雑談できたり…というゲームです」
高「この手のサービスはハードで区切られる事が多いとの事ですが、COMはそのプラットフォームの垣根を超えて楽しめるサービスとなっているんですね」
ノ「あと、元々男性ユーザーがほとんどだろうと思ってましたが、思いの外女性ユーザーが多いね」
H「確かにそうですね」
高「まぁゲームってクリアとかは1人で楽しむものだけど、雑談ってこういうアプリで楽しむものかも知れないですね」

池「今後の展開はどうなんでしょう?」
ノ「キャンペーンを色々考えています。その中で”体験をアップデートしていきたい”という会社のビジョンもあるので、ボードゲームとかeSportsとかリアルゲームとの連動もしたいですし、インディーのクリエイターとゲーム市場を盛り上げていきたいという狙いもあります」

池「今あるか分からないですけど、昔”裏技”ってあったじゃないですか?今もあるんですかね?」
伊「裏技とはあまり言わないですね。隠し要素って感じですね」
高「昔雑誌で裏技特集とかやってましたよね。一個ガセネタが入ってるやつ」
N「マル勝ですね」
ノ「それはマル勝です」
高「あれ本当にムカついたよね(笑)」
H「あの分厚い本なんでしたっけ?裏技ばっか載ってるやつ」
N「大技林ですね」
高「懐かしいな(笑)」
池「COMでも裏技とかで盛り上がれたら面白いかも知れませんね」
ノ「それ、いいですね!頂きます!」

***

高「でも今日を振り買って、思ったよりみんなゲームが好きなのが分かりましたね。特にN野君は本当に詳しい」
N「僕はゲームしかやって無いですからね。友達いないんで(笑)」
ノ「そこでCOMですよ(笑)」
高「君みたいな人のためにCOMがあるのかも知れませんね(笑)」
N「じゃあ、iPhoneに機種変してCOMやります(笑)」

***

以上、長きに渡って座談会の記事を整理しましたが、
やっぱ「ゲーマーに垣根はない」ですね。ゲームの前では皆兄弟です。
どんなに裕福な家庭だろうと、そうでなかろうと、日本だろうと、違う国だろうと、
やはりレヌール城」に行くために、夜ビアンカと2人で外出する辺りはテンション上がるという感覚は、みんな同じであるということですね。

とにかく、そんな感じの第1回COMゲーマー座談会でした!
好評であれば第2回もやるかもなのでお楽しみ下さい!

そして、COMも皆さんぜひ使ってみて下さいね!

★部員募集中★

ブレイブソフトは現在エンジニアを募集中です。ご応募お待ちしてます!

投稿者プロフィール

BOSS

BOSS
2019年より本ブログの編集長となりました。
趣味は双子の娘と遊ぶ事です。