通常だとあまり使用する機会は無いかもしれませんが、特定の領域を x 回タップすることで実行される隠し機能的なものありますよね。

有名所で言うと、Andoiid の開発者モードでしょうか?
(ビルド番号を数回タップ)

今回、その機能を簡単に実装できるように iOS の UIButton を継承したクラスを作成してみました。

コードは下記 GitHub にて公開中です。
https://github.com/bravesoft-lab/HiddenFunctionButton

使い方は通常の UIButton を作成するときと同様にしてもらえれば OK です。

1つ異なる点として、タップ時の挙動は addTarget ではなく delegate で記述してください。

検知する秒数とタップの回数は下記のように変更することができます。

Android 版についても後日作成予定です。

★会社紹介★

私達bravesoft(ブレイブソフト)は「最強のものづくり集団」を目指し、
新しいものへの果てしない挑戦を日々繰り広げております!
その中で一緒に働いてくれる仲間も積極採用中ですので、是非お問い合わせください!

<基本情報>
bravesoft オフィシャルホームページ
採用情報
受託開発紹介
UI/UXデザイン紹介

<自社事業>
eventos
Live!アンケート
Appvisor Push