昨年8月にbravesoftの福利厚生「住宅手当」に関するブログを書きまして、
その際に不定期に紹介しておくと言っておきながら、そこから放置してしまっていたので、
本日は久々に福利厚生に関して掘り下げたいと思います。

今回は「友達紹介制度(リファラル採用制度)」に関してご説明しましょう。
リファラル(referral)という言葉は一見聴き馴染みは無いですが、”委託”、”推薦”、”紹介”といった意味を持つ言葉ですね。

昨年10月にリニューアルした採用ページ内の「社内制度」箇所でも紹介させて頂いておりますが、

 

信頼できる社員が紹介してくれる社員は我々も信頼できる仲間であると考え、
友達紹介制度も積極的に実施しております。採用してくれた社員には謝礼も!

 

そうです、この言葉に全て集約されるのでは無いでしょうか。
そんな友達紹介制度(リファラル採用制度)ですが、実例を用いて説明しましょう。

 

友達紹介制度(リファラル採用制度)実例

これは昨年2019年のキックオフ合宿(またの名を忘年会)にて記念に撮影した写真です。
後列左から広報部長の私高瀬、bravesoftの良心と呼ばれた古岡部長、そして新進気鋭のディレクターの店長
そして中央はこのブログでもお馴染みのeventosディレクターのタク
そんなタクが下期のMost Brave Person通称MBP(賞金20万円)を獲得した時の記念に撮影した1枚ですが…

この写真に写っている男4人は、
元々同じ会社で働く同僚だったのですね(2012〜2015年くらい)

 

探してみると2014年にその会社で社員旅行に行った際の、4人だけ映ってる写真があったので貼っておきます。

左のモンキー・D・ルフィを彷彿させる麦わら帽子を被ったタク、今より若干痩せていた古岡部長、
生島ヒロシを彷彿とさせる店長、そして結婚の挨拶直後でヒゲを剃っていた私高瀬の若かりし頃の写真ですね。


そんな感じで今から5〜6年前くらいでしょうか。
我々はポータルサイトの運営・企画・ディレクションを同じ渋谷のWEBサイト運営会社で行っておりました。

仕事が終わった後は道玄坂中央の1軒め酒場(もしくはすみれ)で酒を飲み、楽しく働いていたのですが、
古岡部長がやりたい事があるとそのWEB制作会社を退職し、次いで店長が退職し、そして私とタクは残って働いていたのですが、会社が規模縮小を行うタイミングで2人とも退職。
そして私は縁あって2016年10月にbravesoftに入社した次第です(その辺の経緯はコチラをご覧ください)。

私と一緒に前職を離れたタクはこれまで経験してきたSEOの知見を生かすべく、
WEB開発会社に就職したのですが、その会社があまりマッチしていなかったらしく悶々としていました。
そんな最中、私はbravesoftに入社して3ヶ月くらいが経過し、
社長の菅澤に営業に同行させて頂いていたのですが、その商談の帰り道だったでしょうか。

「そんな感じで悶々としている前職の同僚がいるんですけど…」という相談話をした所、
「じゃあ一度話してみようか」という流れで、
菅澤と私とタクの3人で「ベルサイユの豚」で会食をし、タクも菅澤の語るビジョンとbravesoftに魅力を感じ、その後の面接を経て2017年3月に入社しました。

そんな形で前職時代の同僚である私とタクはまたも同じ会社で机を並べて働く事になりまして、
前職時代のメンバーで集まる飲み会で「bravesoftは楽しいよ」という話をしていて、興味を持ったのが古岡部長です。

かつてからアプリ業界に興味があり、ステップアップを画策していた古岡部長も「是非一度話を聞いてみたい」という事で、
菅澤と私とタクと古岡部長で、田町湾岸の海沿いのワインバーで狂ったようにワインを飲みながら盛り上がりまして、
古岡部長もbravesoftに魅力を感じ、その後の面接を経て2017年11月にbravesoftに入社しました。


↑ その時期の写真はこんな感じでした

そして少し飛んで2019年4月くらいですね。
同じく前職時代の飲み会で、私・タク・古岡部長でワイワイ働いているのを知り、店長もbravesoftに興味を持つこととなりまして、
2019年より施行された「いきなりディナー」という、「まずはディナーで面談しましょう」という制度を使い、
役員の池田と、私、タク、古岡部長と店長の5人で会食を行い、そこで店長もbravesoftの志望度が高まりまして、
その上で5月に開催された1day選考会に参加し、晴れてその場で内定を貰い、2019年8月よりbravesoftで働いており、今に到る形です。

そのような形で少し長くなりましたが、
そうした経緯で私が「友達」を紹介し、どんどん前職時代の友達が増えていったという実例ですね。

 

友達紹介制度(リファラル採用制度)のメリット(採用側)

こうしたいわゆる「リファラル採用」ですが、
採用サイドの利点としては「紹介した社員経由で、“その友達がどのような人間であるか”を事前に知る事ができる」という点が大きいでしょう。
後は前述の通り、“●●さんが紹介してくれる友達であれば大丈夫でしょう”という「信用」を事前に持つ事ができるのも大きい利点ですね。
(もちろん、その上で上記で言うと「●●さん」がしっかりと信用を社内で勝ち取っている存在でいるのか、と言う点が最も重要ではありますが)
その上で企業風土や文化などを事前に伝える事ができるので、「入社してみてやっぱ違った」と言うミスマッチ離職を防ぐ事ができるのもメリットですね。
また、リファラル採用では「転職活動を積極的にしていないけど優秀な人材」を採用することもできます。

そして最後に、”採用にかかるコストを削減できること”もリファラル採用の特徴です。

 

友達紹介制度(リファラル採用制度)のメリット(入社希望の友達側)

入社希望の友達側で見た際には既存社員から「事前にプレゼンテーションしてくれる」点が大きいですが、
それよりも「新しく入社する会社に気心知れた仲間がいる」と言う所で、アウェイではなくホーム感を感じる事が大きいと思っております。


以上、そのような形で友達紹介制度(リファラル採用)に関して説明させて頂きましたが、
「派閥を作られる可能性」「ミスマッチになった際の人間性の悪化」「一方が退職した際にもう一方も退職する」などのデメリットもございます。

しかしながら、その点を踏まえてもメリットの方が多いと我々bravesoftは考えておりますし、
現在、前述で紹介したメンバー以外にも、リファラル採用で多くの社員が活躍してくれております。
(2020年1月時点で10名の社員がリファラル採用となっております)

尚、選考の流れとしては下記のような流れとなっております。


<選考の流れ>

1.  まずは友人・知人である弊社社員にコンタクトを取ってみて下さい!
  ↓
2. その上で弊社社員が人事担当・上長と相談し、面談日時の調整をします
  ↓
3. そして「カジュアル面談」と言う形で選考対象外のすり合わせを行ったり、
 「いきなりディナー」と言う形でまずは会食をしながら業務の話をさせて頂きます。
  ↓
4. その上で弊社に興味を持って頂けた際は選考に進んで頂きます。
  選考は通常の面接〜適性検査を行いますが「1day選考会」にご参加頂くケースが一般的です、


以上、長くなってしまいましたが、
この記事を見て興味を持ち、bravesoftに友人・知人がいる方は、是非このような友達紹介制度(リファラル採用)を活用してみて下さい!

是非一緒に「最強のものづくり集団」を目指し頑張りましょう!

★会社紹介★

私達bravesoft(ブレイブソフト)は「最強のものづくり集団」を目指し、
新しいものへの果てしない挑戦を日々繰り広げております!
その中で一緒に働いてくれる仲間も積極採用中ですので、是非お問い合わせください!

<基本情報>
bravesoft オフィシャルホームページ
採用情報
受託開発紹介
UI/UXデザイン紹介

<自社事業>
eventos
Live!アンケート
Appvisor Push