代表挨拶


今からひとむかし、145年前のこと、
1865年1月12日の深夜、大雪の中、
1人の青年が80名の部下を連れ、行動を起こしました。

その青年の名は「高杉晋作」。
彼らは「最新の武器」と「志」をたよりに、
たった80名で日本全体を相手に挑戦を挑みました。

小さな勝利を重ねるうちに、やがて大きな賛同のうねりとなり、
そして遂には、日本を刷新するに至りました。
その80名のうちの1人、「伊藤博文」は、新政府の初代総理大臣となりました。

狂気ともいえる彼らの行動は、
多くの犠牲も伴い、手放しに賞賛できるものではありません。

ただ、勇敢な若者の挑戦により、停滞した社会が大いに前進した事実に、
私たちは注目しなければいけないと思います。

「挑戦心」にあふれる若者が中心となり、率先して行動を起こし、
「新しい技術」である最新型の鉄砲や軍艦が、彼らに勝利をもたらしたのです。

想い返せば、いつの時代でも、社会の変革をもたらしてきたのは、
そうした「新しい技術」と、「若者の挑戦」ではないでしょうか。

彼らの行動の成果として、
300の藩がひとつの「日本」という国に統合されました。

そして現代、IT技術や航空産業の発展により、
世界の200の国が、お互いに距離を縮めつつあります。

全世界は、近づいていく中で、多くの挫折を体験するでしょう。
しかし果敢に変革は進み、
国境を意識しない未来、
生活に不安のない、希望あふれる未来を、
いずれ実現することでしょう。

人類が新たな変革を迎えている現代において、
私たちは「新しい技術」と「挑戦する志」を用いて、
どのような未来を創っていけるでしょうか。
どのような貢献ができるでしょうか。

日々考えています。

高杉晋作はあの時、26歳でした。
僕は20歳でプログラムの仕事を始め、22歳で会社を起こし、
少しずつ前進するうちに、今年はもう30歳を迎えます。
年齢的には若い世代とはいえません。

ただ、これからもまだまだ幼い気持ちを燃やし続け
新しい挑戦を続けていくことを、ここに記しておきたいと思います。

当社は創業して、今年で7年目を迎えます。
7歳の子どもは、落ち着きもなく、まだまだ未熟です。

ただ、現代日本社会には、元気な子どもが足りていません。

子供の役目は、元気に走り回ることですので、
これからも明るい未来へ全力疾走で、
ワクワクするようなニュースが提供できるようになれたらと思っています。

皆様のご指導、ご協力を、宜しくお願い申し上げます。

初めて当社を知っていただいた皆様。
ご来訪頂きまして、誠に有難うございます。

サイトを見て、もし当社に関心をもって頂けましたら、
ぜひ当社との協業を検討してください。
ぜひ当社への参画を検討してください。

激しい変化と不安につつまれた現代社会で、
歴史を進める側に起ち、一緒に挑戦を楽しめる仲間が増えてほしい。

そんな気持ちでこのサイトを制作しております。

またひとつ歩みを進める人類の歴史に、
我々はどのような足跡を残せるでしょうか。

皆様からのご連絡を、心よりお待ちしております。

2011年8月22日
株式会社ブレイブソフト 代表取締役社長
菅澤英司


TOP