プレスリリース

  • 2020.04.22

IRTVを運営するIR Roboticsと、eventosを運営するbravesoftが、 オンライン株主総会プラットフォームの共同開発・サービス提供を開始

令和2年4月22日
bravesoft株式会社

PRESS RELEASE
報道関係各位

 
 
IRTVを運営するIR Roboticsと、eventosを運営するbravesoftが、
オンライン株主総会プラットフォームの共同開発・サービス提供を開始
 
 

ベクトルグループの上場企業向け「IRリリース動画撮り放題サービス/IRTV(https://irtv.jp/)」を展開する株式会社IR Robotics(本社:東京都港区、代表取締役:金成柱、HP:http://ir-robotics.co.jp/)とイベント主催者向け「国内No.1のイベントアプリ×Live配信サービス/eventos(https://eventos.tokyo/)を展開するbravesoft株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:菅澤英司、HP:https://bravesoft.co.jp/)は、オンライン株主総会プラットフォームの共同開発・サービス提供を開始します。






 
 
■共同事業に至った背景

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、不特定多数の人が参加する株主総会の開催についての見直しが求められており、両社へのオンライン株主総会の実施やライブ配信に対するご相談やお問い合わせが急増しております。これらの状況を鑑み、これまで主に決算発表などのIR動画配信を行っているIR RoboticsとイベントアプリやLive配信を行っているbravesoftの両社の共同事業として、オンライン株主総会プラットフォームの開発・販売・運営支援のサービス提供を開始します。

 
■オンライン株主総会に求められている事

新型コロナウィルスの拡大感染に伴い、「3密」(密閉空間、密集場所、密接場面)を避けての開催が求められていますが、これらの感染リスクを避けて開催する場合、インターネットによるライブ配信(リアルタイムの生中継)を行う必要があります。

また、様々な配信ツール(ストリーミング配信サイト、Web会議システム、ウェビナーツール)があるなか、参加者登録から視聴までを一貫したプラットフォームによって実現することで、URLの漏洩による部外者の参加を排除し、株主へのメール通知等の手間を削減することができ、セキュリティ面でも安心・安全な株主総会の開催が可能となります。

■ オンライン株主総会プラットフォームの特徴


<ご参加の流れ>

事前に各株主様にIDとパスワードを発行し、通知・ご案内を行います。
パソコンからアクセスされる方は、指定のURLへアクセスし、ログインを行います。
開催時間になりましたら、ライブ配信をご視聴頂きます(1アカウントにつき同時視聴1人のみ)

 

<双方向のコミュニケーション活性機能>

・資料ダウンロード機能
・ライブ配信中の質問投稿や設問に対する投票機能
・見逃し対応のアーカイブ配信機能(配信期間設定可)
・事前や当日に受け付けた質問に対する後日回答機能

<ご利用料金とオプション(税別)>

・法人登録料      :20万円
・プラットフォーム利用料:株主数10,000名未満の場合            :  60万円
               株主数10,000名以上 〜  30,000名未満の場合:100万円
               株主数30,000名以上 〜100,000名未満の場合:150万円
              (株主数100,000名以上の場合は別途ご相談)

※今回、本サービスをお申し込みいただいた企業様には、新型コロナウイルスの感染拡大防止へのご協力
に感謝の気持ちとして、法人登録料(20万円)を無償提供とさせていただきます

・オプション
-撮影機材レンタル   :40万円〜
-オペレーションサポート:10万円〜
-Liveアンケート機能  :12万円

 お問い合わせ先: sales@ir-robotics.co.jp


■IR Robotics 運営サービス情報

1)「IRTV」~上場企業の決算情報のポイントをショートムービーでわかりやすく~
URL:https://irtv.jp/

2)YouTubeチャンネル/株式情報番組「Japan Stock Channel」
URL:https://www.youtube.com/channel/UCTvgIMSW7Qt7_EFp6luTFaA

3)Pickup Stock Reportメディア「Next ten-Bagger」
URL:https://next10bagger.jp/

 

■bravesoft 運営サービス情報

eventos(https://eventos.tokyo/)はイベントの公式アプリを短期間で作成、公開可能なプラットフォームです。

 

<特徴>
初期費用30万円・月額10万円のライセンス使用料だけで、イベントWEBサイトの立ち上げ、参加申込から受付管理、ガイド情報やアンケートなど様々な機能を活用頂けます。自社WEBサイトと自社公式アプリ構築を提供しており、プログラミングの知識不要で管理画面(webページ)からブログ感覚で情報更新が可能です。



<機能>
「チケット・来場申込」「情報収集」「マッチング」など、イベント前に使える機能から、「スケジュール」「ガイドマップ」「待ち時間」のような、イベント当日のストレスを軽減する機能、「スタンプラリー」「リアルタイムアンケート」など、イベントを盛り上げる機能、イベント後の「アンケート」「分析」など、次回のイベントをより良くするための機能を備えています。また、昨今話題のライブ配信でオンラインイベントを開催することも可能です。

 

参考)eventosの機能一覧


<実績>

世界3大ゲームイベント「東京ゲームショウ」や「東京モーターショー」。アジア最大規模の福祉機器・用品の展示会「HCR(国際福祉機器展」、アジア最大のコーヒーイベント「SCAJ」、日本各地で毎週開催されるミニ四駆大会「TAMIYAパスポート」など、大規模イベントから企業のプライベートショーまで、多岐に渡るイベントの公式アプリとして、これまでに100を超えるイベント・累計100万人以上のユーザーに利用されています。




■ IR Roboticsとは


 
 


株式会社 IR Roboticsは「健全な情報流通によって健全な株式市場の発展に貢献する」を企業理念に掲げ、「時代にマッチしたソューションを生み出し続け、テクノロジーを活用することで上場企業と投資家のコミュニケーションを深化させる」ことをミッションに、これからも『IR×Technoligy』をスローガンに、全ての上場企業と投資家の架け橋になれるよう努めて参ります。




■ bravesoft(ブレイブソフト)とは
 

 
 

スマートフォン黎明期からアプリの開発を行い「ボケて」「TVer」「首相官邸」「31アイスクリーム」など、これまでに800件以上・累計1億ダウンロードを超える実績を誇るテック企業です。今後は、WEB×アプリでイベントを一元管理できるプラットフォーム「eventos」を展開。最新のテクノロジーを活用して、イベント体験に革命を起こすeventech(イベンテック)の実現を目指しています。

 

■ 会社概要


<IR Robotics>

 商号:株式会社 IR Robotics
 代表者:代表取締役 金 成柱
 所在地:〒107-0052 東京都港赤坂4-15-1赤坂ガーデンシティ15F
 設立:2013年10月 
 事業内容:「IR×Technology」をコンセプトに、上場企業向けIRコミュニケーション事業及び上場準備中企業向けエデュケーション事業を展開
 資本金:3,429万円
 URL:https://ir-robotics.co.jp/
 


 

<bravesoft>

 商号:bravesoft株式会社
 代表者:代表取締役 菅澤 英司
 所在地:〒108-0014 東京都港区芝四丁目13番2号
 設立:2005年4月4日 
 事業内容:イベンテック、体験アプリ開発
 資本金:2億5,000万円(資本準備金含む)
 URL:https://www.bravesoft.co.jp/ 

■ 本件に関するお問い合わせ 

<IR Robotics>
 
 お問い合わせフォーム     :https://ir-robotics.co.jp/contact/
 お問い合わせメールアドレス:sales@ir-robotics.co.jp

<bravesoft>

 担当:広報戦略本部 高瀬 将臣 
 TEL:03-6809-6030 
 FAX:03-5443-5324
 Mail:m.takase@bravesoft.co.jp


TOP