プレスリリース

  • 2020.11.25

BtoBイベントプラットフォームeventos(イベントス)が UIデザインの調整を行える「htmlタグウィジェット」機能の提供を開始!

BtoBイベント主催社向けイベントプラットフォーム「eventos(イベントス)https://eventos.tokyo/」を提供するbravesoft株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:菅澤英司、https://bravesoft.co.jp/)は、2020年11月25日よりeventosWEBページのTOPデザインを変更できる「htmlタグウィジェット」機能のサービス提供を先行開始いたしました。

従来のテンプレートの画面だけではなく、オリジナルのUIを設定できる事でより自由度が高まり、より楽しくeventosを使用する事が可能となります。

 

 

■ HTMLタグウィジェット機能で実現できること

 

 

eventosはパッケージ化されたSaaS型イベント管理用プラットフォームサービスであり、既定のテンプレートに沿った形でテキストや画像を設定し、WEB/アプリを公開するサービスとなっておりました。
しかしながらオンライン展示会において多様化する出展者様のニーズに答えるべく、この度TOPページの改修をカスタマイズできるHTMLタグウィジェット導入に至りました。

 

本機能の実現で、これまでデッドスペースだった両端いっぱいまでキービジュアルイメージを拡大したり、更には背景色の設定を行ったりする事も可能となります。

他にもリンクの設定や、画像やテキストのレイアウト調整など、htmlやcssで書ける事は実現できるようになっております。

 

 

■ HTMLタグウィジェット機能の操作方法

 

eventosはノーコードでWEB / アプリを作成できるプラットフォームでございます為、操作方法は至ってシンプルとなっており、eventos管理画面(コンソール画面)から簡単に設定可能となっております。

 

 

コンソール画面にログインし、デザイン設定ページのeventosにて使用可能な機能選択群に新規に追加された「HTML」項目を、実際に使用する「メニュー」「Live!ホーム」項目へドラッグ&ドロップして頂きます。

 

 

そしてポップアップで表示される領域にhtmlテキストを入力し、更新するとこれまでのテンプレートではなく、新たなeventosを楽しむ事が可能となっております。

 

詳細な使い方に関しましてはeventosブログもご参照下さい
https://eventos.tokyo/blog/2763

 

 

■ HTMLタグウィジェット機能の有効な使用方法

 

ドメイン独自機能 × HTMLタグウィジェット

自社の展示会やイベントなど、WEBサイトの自社ブランディングをより実現したい際には、独自にて取得したドメインを使用し、デザイン拡張性のあるHTMLタグウィジェットを併用で使用する事をお勧め致します。

自由なhtml記述にて独自のUIを作成し、ドメインもオリジナルの内容であれば、プラットフォームという領域を超えた形の使用を実現する事が可能となります。

 

 

マネタイズ × HTMLタグウィジェット

これまでにeventosで実現できなかったマネタイズがHTMLタグウィジェットの登場で実現可能となります。

広告バナーなどをTOPページに設置する事で、これまでには実現できなかった収益化をする事で更に拡張性・利便性を持った使い方が実現可能となります。

 

 

 

■ eventosとは

eventos(https://eventos.tokyo/)はオンライン・オフライン双方におけるイベントの公式WEB・アプリを短期間で作成、公開可能なプラットフォームです。 

 

 

<特徴>

初期費用30万円・月額10万円~のライセンス使用料だけで、イベントWEBサイト・イベント公式アプリの立ち上げ、参加申込から受付管理、ガイド情報やアンケートなど様々な機能を活用頂けます。自社WEBサイトと自社公式アプリ構築を提供しており、プログラミングの知識不要で管理画面(webページ)からブログ感覚で情報更新が可能です。

 

<機能>

「チケット購入・来場申込」「情報収集」「マッチング」など、イベント前に使える機能から、「スケジュール」「ガイドマップ」「待ち時間」のような、イベント当日のストレスを軽減する機能、「スタンプラリー」「リアルタイムアンケート」など、イベントを盛り上げる機能、イベント後の「アンケート」「分析」など、次回のイベントをより良くするための機能を備えています。

最近ではオンラインイベントを充足させる「ライブ配信」「ブースマッチング」「オンラインチャット」「オンラインMTG」「来場データ分析」などの機能も搭載しております。

 

<実績>
世界3大ゲームイベント「東京ゲームショウ」や「東京モーターショー」。アジア最大規模の福祉機器・用品の展示会「HCR(国際福祉機器展」、アジア最大のコーヒーイベント「SCAJ」、日本各地で毎週開催されるミニ四駆大会「TAMIYAパスポート」など、大規模イベントから企業のプライベートショーまで、多岐に渡るイベントの公式アプリとして、これまでに100を超えるイベント・累計100万人以上のユーザーに利用されています。
オンラインイベントにおける事例としましては、世界初の介護オンライン展示会サイト「CareTEX365 ONLINE」、RPA×AI連携ソリューションを提供する「UiPath AI EXPO 2.0」更には「株主総会」「大学入試説明会」「オンライン学園祭」「オンライン社員総会」など様々な用途のオンラインイベントでもeventosをご使用頂いております。

 

 

 

■ bravesoft(ブレイブソフト)とは

 

スマートフォン黎明期からアプリの開発を行い「ボケて」「TVer」「首相官邸」「31アイスクリーム」など、これまでに800件以上・累計1億ダウンロードを超える実績を誇るテック企業です。今後は、WEB×アプリでイベントを一元管理できるプラットフォーム「eventos」を展開。最新のテクノロジーを活用して、イベント体験に革命を起こすeventech(イベンテック)の実現を目指しています。

 

 

■ 会社概要
 商号:bravesoft株式会社

 代表者:代表取締役 菅澤 英司

 所在地:〒108-0014 東京都港区芝四丁目13番2号

 設立:2005年4月4日

 事業内容イベンテック、体験アプリ開発

 資本金:2億5,000万円(資本準備金含む)

 URLhttps://www.bravesoft.co.jp/

 

 

■ 本件に関するお問い合わせ

 

 担当:広報戦略本部 高瀬 将臣

 TEL03-6809-6030

 FAX03-5443-5324

 Mailm.takase@bravesoft.co.jp


TOP