プレスリリース

  • 2021.09.16

bravesoftを卒業した社員も全力応援!その後の活躍を紹介する「卒業生インタビュー」企画を開始しました!

“最強のものづくり集団”を目指し、技術で世界をワクワクさせる事をビジョンに掲げるbravesoft株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:菅澤英司、https://bravesoft.co.jp/)は、コーポレートサイトに新コンテンツとして「卒業生インタビュー」企画を開始しました。
今は別々の道を歩んでいても、bravesoftで共に働いた仲間とは今後も繋がっていきたいと考えております。活躍を応援することは勿論、パートナー企業として一緒にビジネスを行ったり、もし機会があればbravesoftに復職して戻ってきて頂く事も視野に入れつつ、アルムナイネットワークの構築も強化していく所存でございます。



■ 卒業生インタビューとは?
bravesoftを卒業した社員にフォーカスをあてて、bravesoftを卒業した後にどのような事業を行っているか、bravesoftで職務経験を積んだ事が「成長」にどう繋がってるかを、インタビュー形式にて紹介させて頂くコンテンツとなっております。
卒業生の取り組みを発信する事で応援すると共に、求職者の方に向けて「bravesoftで働けば数年後にこうなれる」という事を事実ベースで紹介していきます。

詳細はコンテンツページをご参照下さい。

  • 卒業生インタビュー

https://www.bravesoft.co.jp/recruit/alumni-interview/


■ アルムナイネットワーク構築を行う意義
bravesoft 人事・採用担当
コーポレートカルチャー本部部長 辻 隆斗

アルムナイ(Alumni)採用は外資系企業などで取り入れられ、ここ数年日本企業の人事・採用業界でも注目されるようになっております。

bravesoftを卒業した社員が、新たなやりたい事を実現する為に別の会社に転職したとして、その転職先の会社も実際のところ「入社してみなければ分からない」為、入社前に思い描いていた事を実現できず、「転職せずにbravesoftにいた方が良かった」と思ってしまう事も往々に発生してしまいます。
一度bravesoftで一緒に働いた社員は、離れていても我々は仲間であると考えておりますし、そのような形で仲間が困っていたら手を差し伸べるのは当然であると我々は考えております。

今回の卒業生インタビューにおいて、私が最も押し出したかった事は「退職した社員とも友好的な関係性を築いている」と言う点です。

初回で紹介した元社員の方は、bravesoftを卒業した後に起業して頑張っており、bravesoftに戻る可能性は今の所は無いと思いますが、こうして退職後も関係性を築き、このような企画に快く応じてくれる事こそが大事であると思っていますので、このような関係性をより強固とし、転職して頑張っている社員には応援や企業としての繋がりを、燻っている社員には手を差し伸べる事を行いながら、関係性を高めていきたい所存でございます。


■ bravesoft(ブレイブソフト)とは
  



スマートフォン黎明期からアプリの開発を行い「ボケて」「TVer」「首相官邸」「31アイスクリーム」など、これまでに800件以上・累計1億ダウンロードを超える実績を誇るテック企業です。今後は、WEB×アプリでイベントを一元管理できるプラットフォーム「eventos」を展開。最新のテクノロジーを活用して、イベント体験に革命を起こすeventech(イベンテック)の実現を目指しています。


■ 会社概要
商号  :bravesoft株式会社
代表者 :代表取締役 菅澤 英司
所在地 :〒108-0014 東京都港区芝四丁目13番2号
設立  :2005年4月4日
事業内容:イベンテック、体験アプリ開発
資本金 :2億5,000万円(資本準備金含む)
URL  :https://www.bravesoft.co.jp/

■ 本件に関するお問い合わせ
担当:広報戦略本部 高瀬 将臣
TEL:03-6809-6030
FAX:03-5443-5324
Mail:pr@bravesoft.co.jp


TOP