応募者へのメッセージ

就活中の皆さんに
代表からの熱いメッセージ!

【勇者よ、あつまれ】

「就職なんてしたくない!」
それがハタチの僕の率直な想いでした。

どこを見渡してもやりたい仕事など見当たらず、
カイシャと言われているものはなんだか茶番に思えて
いわゆる「シューカツ」というものを避ける道を真剣に探しました。

もちろん、不平不満を言っているだけではただの子供です。
行きたい会社が見つからないなら、自分で理想の環境を作るのみ。

そう考えて在学中に必死に技術を身につけ社会とのつながりを作り、
シューカツはせずに23歳でこの会社を起業しました。

それは野良犬のように厳しい日々で、そして今でも続いています。
野良犬のように走り回りながら少しずつ力をつけ、自信をつけ、
自由に走り回る歓びを噛み締めて、また新しい荒野に向かっています。

12年経った今になって思えば、たしかに既存の会社の中にも 輝いている人もいるし、素晴らしいチームに巡り合うこともあり、 若さゆえの視野の狭さや思い込みも多少あったかもしれません。

でも、なんだか今の「会社」や「社会」はちょっとおかしい。 これは子供から大人までみんな感じているのではないでしょうか?

これだけ技術が進歩したり、生活のスタイルが大きく変わった現代で、 社会は昔の仕組みのままで、なんだか無理が出てきているようです。

低成長でもなんとなく生活していける幸せな現代では、 仕事に情熱を持ち新しい挑戦を続けるという価値観も薄れつつあります。

ジワジワと高齢化が進み、保守的な空気に包まれた社会では、 危なっかしい挑戦をする人より、行儀の良い人が増えてきています。

ああ、残念だなと、諦めることもできます。 でも、人生は一度きり。

批判ばかりで黄昏れながら無為に過ごしている暇はありません。

僕は信じています。

のんびり生きていける時代でも、何かに全力で打ち込んでみたい人がいること。 バカにされてもいいから自分で自分の未来を切り開いていける人がいること。 理想のものづくりを追求して社会に貢献したいと想う人がいること。

個人的な経験からも、きっと日本中にそこそこの人数がいると思っています。

皆さん、ぜひ集まりましょう。

勇気を武器に自分たちの未来を、そして新しい社会を切り開いていきましょう。

人生は一度きり。

あなたの挑戦を心よりお待ちしております。

株式会社ブレイブソフト
代表取締役 菅澤英司


TOP