代表メッセージ

「働く」を考える

「あなたの仕事は楽しいですか?」

あなたは真夏の炎天下の中、
3時間走り回れと言われたら、引き受けますか?

私は先週、そんな体験をしました。

フットサルです。

夢中でボールを追いかけながら、こんなことを考えました。
「単純に走るだけなら耐えられないくらいキツいのに、
なぜフットサルの試合で走るのはつらくないんだろう・・?」。

あらゆるスポーツの試合は、確かに楽しいです。
そして、試合が楽しい人は練習も楽しそうです。

・・・ここに、仕事を楽しむヒントがありそうです。

私たちは、「仕事はつらいもの」と教えられてきました。
私の友人は、とある面接でこう質問したそうです。

「この会社の仕事は楽しいですか」

面接官は答えました。

「仕事は楽しいものじゃない。つらいものだ」

その話を聞いて、その友人と同じぐらい、私も落胆しました。
もちろん、わかっています。社会でつらいことはたくさんあります。
特にベンチャー起業の日々は、つらいことで溢れかえっています。

しかし、

問題なのは「つらいこと」自体ではありません。
問題なのは「試合」が無いことだと思います。
当たり前のことですが、
「試合」がなければ「練習」の辛さはたえられません。

「試合」がないのに「練習」だけをさせられている毎日が続いている。
これが、「仕事がつらい」ということだと思います。

だれもがきっと、「試合」をもとめて会社に入社しました。
しかし多くの会社には、「試合」がありませんでした。
あなたの職場には「試合」があるでしょうか?
あなたは「試合」のある人生を望んでいるでしょうか。

当社はまだまだ小さい会社で、つらいことがたくさんあります。
これからも多くの苦難に直面すると覚悟しています。

そのような会社の代表として、
「試合」ということを考える必要があると思っています。
「明確なゴール設定」「チームワーク」「能力の成長」「勝ち負け」
など、経営者として意識すべきことがたくさんあります。

いま、小さな勝ちを重ねることで、
日に日にすこしずつ、仕事の楽しさが増していくのを感じています。

人生は一瞬です。
まだ十分に「試合」を楽しめる環境が出来たとは言えないかもしれません。
ただ、少なくてもこの会社は、それをまっすぐに目指しています。

もしよかったら、このチームに参加して頂けませんか。
明日の「試合」が楽しみで眠れなくなるような、
希望と笑いの溢れるチームを一緒に作っていきたいです。

ご連絡を心からお待ちしています。

株式会社ブレイブソフト
代表取締役 菅澤英司


TOP