オフィス

エントランス

bravesoftは2021年7月にオフィスを大規模リニューアルしました。
コロナで集まることが難しかった時代を経て、今、改めて「オフィスは必要」と宣言します。

最強のものづくりには「ワイワイなんでもいいあえる良質なカルチャー」が必須です。カルチャーを醸成する舞台装置としてオフィスの重要性はむしろ高まっています。

リモートの便利さを当然のように享受しながら、リアルの素晴らしさも両立させるべく、自由で活発なコミュニケーションを加速させるために様々な工夫を凝らしています。

執務室・ワークスペース

執務室はフリーアドレスとなり、毎日違う座席に着座する事が可能となっております。写真中央のロングテーブル、4人で向き合って作業をするデスクスペース、更には5人でMTGするデスクスペース、更にはエンジニア専用のトリプルモニター、デザイナー専用のMac専用モニターなど働く人に最適な設備を用意しております。

bravesoftはリモートワークを推奨しておりますので、全ての社員が一同に出勤することは稀で、部署ごとにローテーションで出社して業務を行っております。同じプロジェクトを遂行しているメンバー同士が近くにおり、コミュニケーションを取りながら業務を行っております。

集中して作業を行いたい方を対象の専用ブースも用意しております。防音対策も万全となっておりますので、お客様とのMTGなどでも活用する事が可能となっております。

ミーティング・カジュアルスペース

ソファーも各所に設定しており、社内でのカジュアルMTGを行う事も可能です。もちろんMTG以外での作業用スペースとしての活用も可能となっております。

オフィス奥のソファースペースは、よりリクライニングしながら打ち合わせを行う事が可能となります。更にはモニターも設定する事ができますので、少人数規模のプロジェクトチームであれば本格的なMTGも可能となります。

小上がりのリクライニングスペースにはYogiboも用意しております。カジュアルな打ち合わせに使用する事は勿論、ランチを楽しんだりする事も可能です。

来客用の会議室は全部で5つ用意しております。窓際の会議室は陽の光も入り、軽やかな気分で打ち合わせをする事が可能となり、写真の会議室は最大で20名程度の人数収容が可能となり、セミナーや動画収録・撮影スタジオとしても活用頂いております。

共用ルームにはカウンターバーも設定しております。ここでのMTGや打ち合わせなども勿論可能ですが、ランチでの利用や業務後にオフィスバーとしてスポーツ観戦を行ったり、カジュアルな用途でご活用頂いております。


TOP