日本からグローバルへ

現地の競合調査から開発/運用までお任せください。

海外展開支援

今や日本だけで製品を出すのではなく、海外にも同時に製品やサービスを出すことが当たり前の世界になってきております。

もちろん競合とどのようにビジネスで勝負をするかというのはありますが、より市場を拡大していくには、日本だけでなく海外にも目を向けていく必要があります。

bravesoftには、中国人、ベトナム人、韓国人といったアジアを中心に多国籍のエンジニアが働いております(過去にはミャンマー人、バングラデシュ人も在籍しておりました)。

また、海外にも子会社があり、開発拠点だけではなく、現地の営業も同時に行っております。

このような実績を踏まえて、自国だけでなく、海外へのサービスの展開支援を行います。

競合調査

日本も同様ですが、海外においても海外のその国だけで出しているサービスもあります。一方、Facebookなど全世界に展開しているものもあります。

その方法が競合となっていきますが、各国によって使われているアプリなども異なるため、その国ごとに競合を調査して、サービス内容等を検討する必要があります。

海外の競合を調査し、どのようなサービスが使われているかなどを調査いたします。

UI/UX調査

競合と同様になりますが、UI/UXというのもその国ごとに変わってきます。普段から慣れているUI/UXを調査し、ユーザーが慣れているUI/UXでシステムを作ることも必要となります。

そのために、多くのユーザーが使われている類似アプリなどを調査し、UI/UXの提案を支援いたします。

また、弊社では中国、ベトナムを中心に子会社/パートナーもありますので、現地のエンジニアなどの視点からもご提案をいたします。

多言語対応

必ず必要になるのが多言語対応となります。

英語で対応をしておけば、ある一定数のユーザーを各国で取れる可能性はありますが、すべてのユーザーが英語を把握しているわけではないので、しっかりと現地の言語で多言語化することも必要になります。

中国・ベトナムなどのアジア圏を中心に、特に子会社がある国ではエンジニアの観点からも多言語化支援をいたします。

リリース支援

特に中国では、Google Play Storeが使えないといった制限もございます。

どのようなストアでリリースしたほうが良いかや現地子会社などからリリースをするなど、海外でのアプリのリリース支援を行います。

パートナー連携

サービスはソフトだけで終わることもなく、ハードウェアの連携が必要になったりと、様々な業種が組み合わさってサービスをリリースすることがあります。

その場合、すべてを1社で作るのではなく、パートナーと連携することも必要になります。

弊社子会社・パートナーとの連携から、新たなパートナー探しのご支援もいたします。

競合調査

日本も同様ですが、海外においても海外のその国だけで出しているサービスもあります。一方、Facebookなど全世界に展開しているものもあります。

その方法が競合となっていきますが、各国によって使われているアプリなども異なるため、その国ごとに競合を調査して、サービス内容等を検討する必要があります。

海外の競合を調査し、どのようなサービスが使われているかなどを調査いたします。

UI/UX調査

競合と同様になりますが、UI/UXというのもその国ごとに変わってきます。普段から慣れているUI/UXを調査し、ユーザーが慣れているUI/UXでシステムを作ることも必要となります。

そのために、多くのユーザーが使われている類似アプリなどを調査し、UI/UXの提案を支援いたします。

また、弊社では中国、ベトナムを中心に子会社/パートナーもありますので、現地のエンジニアなどの視点からもご提案をいたします。

多言語対応

必ず必要になるのが多言語対応となります。

英語で対応をしておけば、ある一定数のユーザーを各国で取れる可能性はありますが、すべてのユーザーが英語を把握しているわけではないので、しっかりと現地の言語で多言語化することも必要になります。

中国・ベトナムなどのアジア圏を中心に、特に子会社がある国ではエンジニアの観点からも多言語化支援をいたします。

リリース支援

特に中国では、Google Play Storeが使えないといった制限もございます。

どのようなストアでリリースしたほうが良いかや現地子会社などからリリースをするなど、海外でのアプリのリリース支援を行います。

パートナー支援

サービスはソフトだけで終わることもなく、ハードウェアの連携が必要になったりと、様々な業種が組み合わさってサービスをリリースすることがあります。

その場合、すべてを1社で作るのではなく、パートナーと連携することも必要になります。

弊社子会社・パートナーとの連携から、新たなパートナー探しのご支援もいたします。

ブログ
海外子会社


TOP