すでに前から公開されているAWSのサービスですが、弊社のディープラーニング強化の流れにのって、AWSのRekognition APIを試してみました。

 

AWS Rekognition とは?
こちらでも説明がされていますが、画像の解析(物体の検出、顔検出、有名人の認識、不適切コンテンツの識別)を行なうサービスになります。その発展系として、顔の検索や比較も可能です。
これらのサービスのためのAPIがあり、iOS/Androidからも、そのAPIを呼び出すことで、簡単にアプリに画像解析の機能を組み込むことができます。
なお、もちろん完全無料ということはなく、画像処理数によって課金されるシステムとなっております。詳細についてはこちらを参照してください。

※無料枠で最初の 12 か月間は、1 か月あたり 5,000 枚の画像分析が無料でもあるので、ぜひ使ってみてください。

 

Rekognition API(iOS)を早速使ってみた

アプリ側でRekognition APIを使うには、こちらからSDKのダウンロードし、以下のようにAWSRekogtnionのライブラリをインポートするだけです。

では、次にRekognition APIを使用して、2つの画像を比較して、片方の画像の顔がもう一方の画像(例えば集合写真など)に類似の顔があるかを検出する処理を呼び出してみます。

処理は非常に簡単で、AWSRekognitionオブジェクトの初期化、画像のセット、AWSへリクエストの実行となります。

結果を取得したら、faceMatchesには、顔検出の結果(複数にいれば複数にの顔の位置データと、比較元の画像との類似性)が取得できますので、類似性の値を調整し、同じ顔があったかを判断することが可能になります。

そうすると、以下のように集合写真から、探したい人がいるかどうかを確認することができます。

 

★会社紹介★

私達bravesoft(ブレイブソフト)は「最強のものづくり集団」を目指し、
新しいものへの果てしない挑戦を日々繰り広げております!
その中で一緒に働いてくれる仲間も積極採用中ですので、是非お問い合わせください!

<基本情報>
bravesoft オフィシャルホームページ
採用情報
受託開発紹介
UI/UXデザイン紹介

<自社事業>
eventos
Live!アンケート
Appvisor Push